へそくり口座は新しい口座で!個人口座と分ける理由とは

へそくりを『収入やお小遣いの一部を抜いて秘密の貯金箱に貯める』という場合は必要ありませんが、当サイトで紹介している新しい収入源を作ってへそくりを貯める方法に取り組む場合、必ずへそくり専用口座を用意してください。

へそくり口座と個人口座を分けておかないと後悔する事になります。

へそくり専用口座を用意する理由

当サイトではへそくりを貯める方法として新しい収入源を作る方法をご紹介していて、新しい収入源を作ると収入が発生し、確定申告をする必要が出てきます。

個人口座でへそくりを貯めてしまうと、確定申告をする時に個人の支出なのか経費なのか分からなくなったり数字が合わなくなる可能性が高まるので、最初からへそくりを専用口座で管理すると後々の面倒事がなくなります。

確定申告とは

確定申告とは1月1日から12月31日までに所得があった場合に申告する手続きの事で、所得に応じてお金を納めたり還付金が戻ったりします。

サラリーマン(被雇用者)であれば会社がやってくれているので確定申告をする必要はありませんが、副業など会社以外から収入を得たり個人事業主などは、自分で税金の金額を算出して支払わなければなりません。

へそくりとしての収入が20万円を超えなければ確定申告の義務はありませんが、月に2万円くらいの収入だと案外すんなりと超えてしまう場合が多いので、これから新しい収入源を作ろうと考えているなら確定申告の事は頭に入れておく方がいいでしょう。

おわりに

へそくりを個人口座とごちゃまぜで管理してしまうと確定申告の時に個人口座の内容を見られお金の流れが見られてしまいますし、個人の出費なのか経費なのかなど管理が大変です。

面倒な事になるのは分かりきっているので、本業以外の収入がない今のうちに口座は準備しておきましょう。

マイナンバーがあるので家族には知られていなくても税務署には知られていると考え、いつ確定申告をしてもいいように準備はしておきましょう。